teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


今年度から日本大学理工学部にまちづくり工学科が新設されました!!

 投稿者:代表理事  投稿日:2013年 7月 5日(金)03時38分31秒
編集済
   先週の土曜日に、私(代表理事)の母校である日本大学理工学部の
まちづくり工学科開設記念シンポジウムに行ってきました。
 講師の方々のお話に共通する点は、まちづくりは人づくり、学生さんは
現場の活動を体験しましょう!ということで、たいへん共感しました。
まさに、インターンシップやギャップイヤーに応える現場の役割が大きくなる
と感じました。
 同時に現場のNPOが、ちゃんと若者を雇えるようガンバらなくてはならない
と思いつつ、まちづくりに身を捧げる学生さんたちを応援していきたいと
思うしだいです。

                             代表理事 金田好明
 
 

フェイスブックのさらなる活用

 投稿者:事務局  投稿日:2013年 7月 5日(金)03時29分10秒
編集済
    もう開設してから一年以上経ちますが、フェイスブックの弊団体専用ページも随時更新
していますので、紹介させていただきます。
https://m.facebook.com/profile.php?v=feed&id=319468531401355

おかげさまで、メインの活動である「おやすみ処」プロジェクトを始動してから今年度
(7月年度初め)で10周年を終えますので、その記念事業の一環として、今年度中に
フェイスブックの「おやすみ処」専用のページも開設し、ご参加、ご協力いただいて
いるお店や施設のご紹介などを随時行なっていきたいと考えています。
 

これまでの受賞・表彰のご報告と御礼

 投稿者:事務局  投稿日:2013年 7月 5日(金)03時25分21秒
編集済
  弊団体の活動が実質的に始まって以来、おかげさまで満10年を経て新年度(7月年度初め)
を迎えることができた節目にあたり、これまで賜りました受賞表彰について補足しつつ、
あらためて御礼と併せご報告させていただきます。

 弊団体発起人である代表理事が、都市計画分野の仕事に携わり始めた頃(20数年前)から
提唱し続けている理念に基づき、まちづくりNPOとして自ら実践している最も主な事業が、
「おやすみ処」(街かどの小さなお休み&ふれあいスポット)ネットワークづくりの活動です。

 この活動は、福祉的視点を基にした多機能性のあるコミュニティ・インフラの形成を目指し、
企画・立案から実地整備・エリアマネージメントまでを担う総合的なプロジェクト(公益事業)
として、私たちが、官民問わず多くの方々の参加・協働を呼びかけながら推進していますが、
これまでの実績が、福祉や都市計画の学術的側面とともに実際のフィールドでの実践的側面
で評価され、21~23年度にわたり下記の各賞を賜りました。

 こうした多方面での評価は、日頃より当活動にご理解・ご指導くださっている多くの皆様
と活動にご参加・ご協力いただいている関係方々のお力添えの賜物であり、あらためまして、
代表理事はじめ役員・スタッフ一同、心より御礼申し上げます。

 また、こうした受賞表彰によって、発表・展示や取材・視察などの機会が増えることにより、
全国各地の様々な分野の行政関係者・民間事業者・市民団体・NPOの方々や、より多くの
国民(国外も!?)の皆様に当活動を知っていただき、ひとつでも多くの街角に誰もが気軽に
座れるベンチが置かれることを大いに期待します。みんなで活動の輪を拡げていきましょう!!

・第8回日本都市計画家協会賞「日本まちづくり大賞」(NPO法人日本都市計画家協会主催)
 http://genki365.net/gnkt01/mypage/mypage_sheet.php?id=62820

・「まちづくりネット・プレゼン賞」(全国まちづくり会議2010実行委員会主催)
 http://jsurp.net/xoops/modules/news5/article.php?storyid=17

・第5回「彩の国人にやさしいまちづくり賞〈活動・アイデア門〉」 22年度
 (埼玉県知事表彰 彩の国人にやさしい建物づくり連絡協議会主催)
 http://www.pref.saitama.lg.jp/page/hitoyasasho-5jusyo.html

・「日本都市計画学会賞〈石川奨励賞〉」22年度(公益社団法人日本都市計画学会主催)
 http://www.cpij.or.jp/com/prize/award-list.html
 http://www.cpij.or.jp/com/prize/reason/2010.pdf
  ※都市計画学会誌292号の中で代表理事が受賞の謝意とともに当事業を概説しています。
  ※石川奨励賞について(日本都市計画学会HPより)・・・都市計画に関する独創的または
   啓発的な業績により、今後の都市計画の進歩、発展に寄与しうる貢献をした個人または
   団体を「石川奨励賞」の対象としています。
   石川奨励賞の由来についてはこちらです!
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%B7%9D%E6%A0%84%E8%80%80

・「あしたのまち・くらしづくり活動賞」23年度(埼玉県表彰および全国表彰)
  http://genki365.net/gnkt01/mypage/mypage_sheet.php?id=70180
  http://www.pref.saitama.lg.jp/uploaded/attachment/497763.pdf
  http://www.ashita.or.jp/prize/23/23summary.htm


・第5回「国土交通省バリアフリー化推進功労者大臣表彰」23年度(国土交通省本省主催)
  http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo09_hh_000037.html

 

25年度の主な活動予定

 投稿者:事務局  投稿日:2013年 7月 5日(金)03時23分14秒
編集済
  弊法人は、7月が年度初めですので、新年度の主な活動予定をお知らせ致します。

■復興応援ベンチプロジェクトの事業化
 ~復興応援ベンチプロジェクト(第3回)大槌町内への「おやすみ処」ベンチの寄贈など~

  震災でダメージを受けてしまった地域の事業所・工房等との連携による木製のベンチの協同企画・
 デザイン・製作依頼(平成25年7月~)及び被災地内外への設置活動を今後も継続的に実施します。
  今年7月末には、弊団体が自主的に続けている「復興応援ベンチ・プロジェクト」の3回目の活動と
 して、「一般社団法人おらが大槌夢広場」さんへの寄贈を通して、大槌町内に数脚のベンチにお届け
 する予定です。現在、そのための戸田市内の有志・ご賛同いただける方々からご寄附を集めさせてい
 ただいています。ぜひ、当活動にご支援下さいますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

  なお、「一般社団法人おらが大槌夢広場」の事務局長兼理事の方は、震災直前まで戸田市内にお住
 まいでしたが、震災を機にご家族で岩手に移住し、大槌町の復興事業等に日々尽力しておられます。
 また、当法人は、「おらが復興食堂」を運営され、当食堂にはNHKの人気番組「鶴瓶に乾杯!」の中で
 マラソンの高橋尚子選手が何度も足を運んでいて、大槌町の復興のシンボル的存在として有名です。

■第3回「街かどベンチ・リニューアルイベント」~街のベンチに色をぬろう!~(2014年初頭に実施予定)

  今年度も公益財団法人戸田市公園緑地公社さまとの共催により、荒川河川敷の「道満グリーンパー
 ク」内で、戸田市内外の子供たち・親御さんに集まっていただき、「おやすみ処」の老朽ベンチのリ
 ニューアルを兼ねてペンキでベンチに絵を描いてもらうイベントを行ないますので、またご案内申し
 上げます。

■「おやすみ処」第一号オープン10周年記念行事(2014年度内に実施予定)

  多くの皆様のご理解・ご協力をいただきがら、街かどの小さなお休み&ふれあいスポット「おやす
 み処」のネットワークづくり活動も、おかげさまで、その第一号が戸田駅北側の高架下にオープンし
 て以来、あと一年足らずで満10周年を迎えます。
  その間、いろいろな苦楽があり懐かしい想い出もたくさんありますが、ここまで活動を続けてこら
 れましたのは、何よりも関係皆様からの日頃のご指導と温かいご支援をいただいていたからであり、
 心から感謝しております。この場も借りまして、あらためて御礼申し上げます。
  つきましては、今年度中にその記念イベント(謝恩行事)の準備に入り、来年度中に実施したいと
 考えておりますので、皆様のご来場を心からお待ち申し上げます。詳細につきましては、準備が進み
 次第、適宜ご案内申し上げます。

■街づくり、住宅・店舗建築に関する町会・市民・事業者の相談対応、建築・ファイナンス関係の紹介・事業
連携のコーディネート業務

  その他、スタッフの資格や経験、人材、事業所・団体のネットワークを活かし、生活や事業経営に
 密着する住まいや店舗等の設計から商業の振興などに関する事柄まで、市民や事業者の方々が、先ず
 は気軽に相談できる身近な窓口・アドバイス、優良会社や専門家の紹介およびサポートを行う業務を
 始めたいと考えています。

※なお、団体の事業内容の説明を補足しましたので、お時間ありましたらこちらもご笑覧ください。
http://genki365.net/gnkt01/mypage/mypage_group_info.php?gid=G0000006
 

埼玉県NPO・大学ネットワーク全大会に参加してきました。

 投稿者:事務局  投稿日:2013年 6月20日(木)15時50分59秒
  去る5月25日(土)埼玉県県民健康センターで開催された、埼玉県NPO/大学ネットワークの全体会に出席し、まちづくりの研究や市民活動に参加している県内大学(芝浦工業大学、獨協大学)の学生さんによる活動成果の事例発表を聞くとともに、今後の大学・NP0等のネットワークのあり方を探るワークショップに参加しました。
 ワークショップでは、主にインターシップについて具体的に話し合われ、ギャップイヤーの話題にも触れました。学生さんのコミュニテイやNPO活動に対する意識を知ることができただけでなく、他のNPOとの交流の機会にもなりました。
 ただ、残念だったことは、大学・NPOが参加する良い機会にもからわらず、参加した大学や団体名が記された一覧の資料がなく、ネットワークづくりという点で、今後の運営改善を期待したいと思います。
 

フェイスブックの団体ページ紹介

 投稿者:事務局  投稿日:2013年 6月20日(木)15時49分54秒
  もう開設してから一年以上経ちますが、フェイスブックの弊団体専用ページも随時更新していますので、紹介させていただきます。
https://m.facebook.com/profile.php?v=feed&id=319468531401355

来年は、メインの活動である「おやすみ処」プロジェクトを始動してから10周年を迎えますので、記念事業の一環としてフェイスブックの「おやすみ処」専用のページも開設し、参加・協力していただいているお店や施設のご紹介などを随時行なっていきたいと考えています。
 

陸前高田未来商店街ブログのご紹介(おやすみ処づくりの記事など)

 投稿者:事務局  投稿日:2013年 6月20日(木)15時48分57秒
編集済
  去る5月11日に岩手県の「陸前高田 未来商店街」さんにベンチを運んでお届けしたときの「おやすみ処」づくりの記事や写真が未来商店街さんのブログで紹介されていますので、ご覧いただければ嬉しいです(^^)

http://ameblo.jp/mirai-shotengai/
 

復興まちづくりへの提言

 投稿者:事務局  投稿日:2013年 6月20日(木)15時47分56秒
  代表理事がフェイスブックと当掲示板に投稿した記事が、日本都市計画家協会のWEBサイト「復興まちづくり支援ポータルサイト」に掲載されていますので、ご笑覧いただければ幸いです。一部に記載ミスがありますが、ご了承くださいm(__)m

http://webplanners.net/2012/11/22/312/

当サイトには、被災地の復興に係っている都市プランナーなどの提言や問題提起、現場での経験談などが紹介されていますので、ご関心がある方は、こちらのほうも是非ご覧ください。

http://webplanners.net/
 

ギャップイヤー等における若者のNPO活動支援に努めます

 投稿者:事務局  投稿日:2013年 6月20日(木)15時46分29秒
  通常の春休みや夏休みだけでなく、最近推奨されているギャップイヤーと言われる大学進学前や休学等の期間、就職前の時期に社会経験を希望する若者を支援するため、戸田市内外での様々なNPO活動の場や機会を提供・紹介します。

※ギャップ・イヤー(英: gap year)とは、高等学校卒業から大学への入学、あるいは大学卒業から大学院への進学までの期間のこと。英語圏の大学の中には入試から入学までの期間をあえて長く設定して、その間に大学では得られない経験をすることが推奨されている。この時期にアルバイトなどをして今後の勉学のための資金を貯める人も多い一方で、外国に渡航してワーキング・ホリデーを過ごしたり、語学留学したり、あるいはボランティア活動に参加する人も多い。(ウィキぺディアより)
 

「おやすみ処」普及活動の掲載記事のご紹

 投稿者:事務局  投稿日:2013年 6月20日(木)15時45分10秒
  「おやすみ処」(街かどの小さなお休み&ふれあいスポット)普及活動が、まちづくり関係のいろいろな機関誌に採り上げられて、その必要性や効用などについて掲載されました。

○公益財団法人あしたの日本を創る協会発行
「まち むら」119号(2012年11月発行)
http://www.ashita.or.jp/publish/mm/mm119/mm119.htm

○地域づくり情報誌「カガリ火」NO146
http://www.kagaribi.co.jp/

○「関東の観光地域づくり支援ガイドブック」H24年度版(国土交通省関東地方整備局)掲載ページ・・・82ページ http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000060043.pdf
 

レンタル掲示板
/30