teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


懐かしヒーロー音声ファイル

 投稿者:kayo-papa  投稿日:2016年 3月12日(土)21時27分21秒
  現在はWindowsを使っていますが、以前はMacを使っていました。
最近Windowsを立ち上げるときに、「懐かしヒーロー音声ファイル」に登場された
声優(俳優)さんの声で立ち上げたいと思い、調べていたところ、貴殿のHPを見つけました。Mac雑誌「月刊Macがいちばん。1999・4 Vol55」の付録CD-ROMを持っています。
なんとかWindowsで再生する方法は無いのでしょうか?
 
 

ありがとうございます

 投稿者:窓口  投稿日:2013年12月29日(日)11時08分42秒
   こんにちは。 せっかく、お返事をいただいたのに、お礼が遅くなってしまって申し訳ありません。 言い訳に過ぎない言い訳ですが、実は、10月28日から、長期出張で、北海道へ行っていまして、年末になって、一時帰宅するまで、ネットを確認できなかったのです。

 ≪私説博物誌≫の事ですが・・・。 こちらへ書き込みをしてから数日後、神奈川県中部へ、ブックオフ巡りに出かけたところ、古淵駅前店という店で、≪私説博物誌≫の、オレンジ地に白文字の物を発見しまして、はっと胸を衝かれ、震える手で抜き取って、暫し繁々眺めた後、買って来ました。 家に帰ってから比べてみたら、発行日も印刷所・製本所も、私が持っているオレンジ地に黒文字の物と、全く同じでした。 ・・・奇怪至極です。

 もしかしたら、奥付けに記されているのは、本の本体に限ったデータで、カバーは、別の会社で作っていて、そちらで、間違いが起きて、異本が出来てしまったのかもしれません。 更に想像を逞しくすれば、角川文庫の方が、オレンジ地に黒文字ですから、そちらのイメージが強い従業員がいて、色を勘違いして、刷ってしまったのではないかと・・・。 とはいうものの・・・、私のような一個人が、静岡県中部・東部と、神奈川県中部・西部という、ごく限定された地域内で、二冊も見ている事を考えると、かなりの数が出回ったものと思われるのに、出版社や書店のチェックに引っ掛からなかったというのも奇妙な話でして、全然違う事情によるものなのかも知れません。

 最近の古本屋における筒井作品の数ですが、恥ずかしながら、まだ、渉猟を始めてから日が浅いので、傾向を読むレベルには至っていません。 私の場合、20歳前後の頃に、30冊ほど新刊で手に入れ、その後ずっと買わず、図書館で単行本を読んで済ませて来たのですが、定年まで、あと10年ちょっとになったので、「老後は、若い頃に好きだった本を手元に置いて暮らしたいものだ」と思い、蒐集を始めました。 手当たり次第買い集めた結果、半年で、166冊になりましたが、その中には、表紙絵や背表紙の異本が含まれているので、まだまだ、手に入らないものが多いです。

 先日、北海道の苫小牧市にある、ブックオフ柳町店で、≪ネオ・ヌルの時代 Part2≫を見つけて、ビックリし、「いやあ、どういう人が持ってたんだろうなあ・・・」と、感慨に浸りながら、買って来ました。 ≪Part1≫と≪Part3≫は、ネットで探さない限り、手に入らないのではないかと思っています。 収録作品のレベルを考えると、そうまでして買う価値が無いような気もしますが、ここまで進めてしまったからには、筒井さんが関っている文庫は、全て集めないわけにはいきません。

 最後になりましたが、求職中とのこと。 頑張って下さい。
 

筒井康隆Botを作ってみました

 投稿者:パプリカ  投稿日:2013年10月31日(木)22時29分34秒
  初めて書き込ませて頂きます。
僭越ながら、先日Twitterで筒井康隆の作品の一節をつぶやくBotを立ち上げました。
まだ知名度が低いためよろしければフォローをお願いします。Botへの要望等もできる限り応ていきたいと思います。
https://twitter.com/Tsutui_bot
 

Re. 私説博物誌

 投稿者:管理人@失業中  投稿日:2013年10月31日(木)14時21分19秒
  お返事遅れましてすみません。

背表紙に関しては守備範囲ではないので
詳しいことはわかりませんが
私の所有している新潮文庫の「私説博物誌」を
確認したところ、赤(オレンジ?)地に白文字でした。
ちなみに昭和五十五年六月十五日発行の二刷です。
時期によって違うんでしょうかねぇ。

個人的には最近古本屋で筒井本を見かける確率が
減ったように感じるのですが、窓口さんは順調に
買い集められておられるでしょうか。
陰ながら応援します。がんばれ。

私も就活がんばれ。
 

私説博物誌

 投稿者:窓口  投稿日:2013年10月12日(土)04時38分3秒
   はじめまして。

 ここ3ヶ月ばかり、筒井康隆さんの文庫本を古本で買い集めている者です。 こちらのサイトは、表紙絵と収録作品が一目で分かるので、大変、重宝しております。

 少々、お伺いしたい事があります。 新潮文庫の背表紙は、赤地に白文字ですが、≪私説博物誌≫だけは、赤地に黒文字になっています。 私が買った本だけが異本なのかと思ったのですが、先日、とあるブックオフで見かけた≪私説博物誌≫も、同じように、黒文字だったため、「もしや、≪私説博物誌≫は、全て、黒文字なのだろうか?」と思い始めました。 サンプルが二つだけでは、判断しかねるのですが、どんなものなんでしょう?

 ちなみに、私が持っている本の奥付けは、

昭和五十五年 五月十五日  印刷
昭和五十五年 五月二十五日 発行

印刷 大日本印刷株式会社
製本 憲専堂製本株式会社

 と、なっています。 確か、ブックオフで見た本の発行年も、五十五年でした。
 

facebookにはしない

 投稿者:りんたろう  投稿日:2013年 2月 1日(金)09時28分56秒
  いいね!  

更新できてないっすね

 投稿者:管理人@iPhone  投稿日:2012年12月27日(木)00時15分28秒
  すんません。
朝日新聞の連載はちゃんと読んでます一応。
 

管理人さんへ

 投稿者:通りすがり  投稿日:2012年11月16日(金)05時23分24秒
  私は筒井康隆の大ファンで、このサイトにあるデータを元に出版物を集めてきました。
年代出版社ごとに分類されており、私の友人共々大変重宝して居ります。
今後とも更新のほど、よろしくおねがいします!
 

いろいろありました

 投稿者:管理人@iPhone  投稿日:2012年 6月10日(日)15時13分26秒
  いやもう、笑っちゃうくらい久しぶりなわけですが。
あれからいろいろありまして、
今はだいぶ以前の生活に戻ってきましたので、
ちょっと余裕こいてここに書き込みしちゃおうかな、と。
まあ簡単に言うと転職したんですが。
あ、そう書くと本当に簡単だなぁ。

いや、こないだ土曜出勤の帰りに、
ラジコを使って超~久しぶりに
ラジメニアを聴いたらですよ、
たー坊さんのバケツリレーだったんですよ。
うあー偶然だなぁとか思っていたら、
なんと二人目のお子様の予定とか。
おめでとうございます!

うちも娘に弟か妹が欲しいなぁ。
 

ちょうど1年たった

 投稿者:管理人@会社  投稿日:2010年12月14日(火)20時11分43秒
  や、どうもどうも、管理人です。
あんまり久しぶりすぎて何を書こうか悩んでしまいますな(笑)

あ、娘のこと書いときゃいいですかね。
今3歳と2ヶ月で、身長102センチ弱あります。
体重は17キロくらいだったかな。
ぽっちゃりしてるわけではないですが、
保育園のクラスでは一番大きいです。
まるで私の小さい頃のよう…ハッ、ということは将来…。
いやいや、ママの方はかなりほっそりさんなので
あんまり心配はしてませんよ。
あ、今普通に「ママ」とか使っちゃってますが、
かなりおしゃべりになってきた娘は、「パパ」「ママ」も言いますけど
ちゃんと「おとうちゃん」「おかあさん」と呼びわけたりもしてくれますよ。
抱きついて来たときに「おとうちゃあああん」とか言われるともう、
メロメロですなぁ。メロメロ。
 

レンタル掲示板
/19