teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


(無題)

 投稿者:住職メール  投稿日:2011年 2月15日(火)21時05分40秒
  段々と難しくなってきますね(笑)


“誠”と“中庸”という考えは経典の中にあまり見たことがありません
“中庸”は儒教の教えではないかと思います
仏教では“中道”ですね
誠を求めるがゆえに人の心を傷つけるかもしれないという考えはお釈迦様は
お持ちではなかったのではないかと思うのです


それならば傷つけることになるような人には近づいてはいけない
言葉を交わしてはいけない
とおっしゃるのではないかと思います


悩みの原因となることを作ってはいけない
近づいてはいけない
結果には必ず原因が存在する
だから正しい行いをしてその煩悩の元を絶とう
というのが“八正道”の教えです
煩悩の火は自分を焼き尽くしてしまいます


しかしながら現代の人間社会では付き合いたくない人とももちろん
付き合わなければなりません
その人の本心がどのようなものなのかはわからないものですよね


ですからあえて“誠”の実践を考えるのではなく静かな気持ちで
優しい目で相手を見守って導いてあげたらいかがでしょう
誠を実践するために悩みを作らないで下さい


“君見よ双眼の色 語らざれば憂い無きに似たり”


言葉を使わなくても目や態度で誠を尽くすことができますよ
そうすればうそをつく必要もありません
それができたらあなたはひとまわりもふたまわりも大きな人間に
なれるでしょう
信頼を裏切られてもそれを許せる大きな心が備わると思います


いかがですか?


 
 

ありがとうございます。

 投稿者:麻希  投稿日:2011年 2月15日(火)19時48分50秒
  ご住職さま

禅の修業道場での東司掃除のお話とてもためになります。
頭の中が整理されてきました。
わかりやすくお話して下さり ありがとうございます。

…忘己利他…
日々の生活の中でついつい忘他利己になっている自分を戒めて
忘己利他を思い出しながら生きて(実践して)いこうと思います。

すみません…
またわからないことが出てきました。

「'誠'は'中庸'よりも一層重要な概念である」というのを読みました。
誠…ウソ偽りのない心…とあります。

その反面、
人を傷つける正直さよりも
人を温めるウソの方が大切…、
という言葉もあります。

'誠'で在るかいなか
そのはざまで心が揺れ動きます。
'誠'を実践しようとするとき勇気がいります。

自分自身を振り返ると
その瞬間はカチンときても
時が流れていくうちに
今まで'誠'で言って下さった方々に
感謝の気持ちになります。

逆の経験もあり
今まで信頼し何十年も親しくして下さっていた人が
実は腹の中はまったく違っていた…
今までは何だったのだろうかと…
ウソだったのか…
ポーズだったのか…
そうなると今度は警戒するようになります。
そういう場合、
私にとっては崖から突き落とされるような感じがしましたが、
その人にとっては腹の中は違っていても
それでも親しくして下さったことは
その人にとりましては功徳になるのでしょうか…。

'誠'が一層重要な概念という意味がわかります。
けれども常に'誠'を発揮できるかというと
心は揺れ動きます。

「心のルール」を拝読させていただきました。
その中に
知恵…ほとけさまだったらどうするか、考えよう とありました。

ふと…
1+1=2を知らなければ1×1=1をいくら考えてもわからないのと同じで
お釈迦様が「どうされた」のかを「知らない」ので
「どうするか」考えてもわからないことに気づきました。

お釈迦様は'誠'について何とおっしゃられているのでしょうか…。
また
ご住職さまは日々人と接される時どうされていらっしゃるのでしょうか…。

わかっているようで何もわかっていない…
いざ 自分に問うてみると答えられない…
無知なゆえ くだらない質問 困った質問で 申し訳ございません。
乱文お許し下さい。
よろしくお願い申し上げます。
 

(無題)

 投稿者:住職メール  投稿日:2011年 2月14日(月)18時11分43秒
  微力ながらお役に立ててうれしいです

“陰徳”とは徳を人知れず積むことです
そうすることで徳の大きさは2倍にも3倍にもなります
玄関の靴をそろえたときに『私がそろえました』と皆の前で口にするとその徳は半減します
自分のための修行なのですから人に自慢すべきものではありません
させていただいているだけなのです

禅の修行道場では皆が寝静まった夜中に人知れずだまって東司(トイレ)掃除をすることが
大きな陰徳につながると尊ばれます
音をたてずに暗闇の中でひっそりと自分の睡眠時間を削って行うのです

自分というものを忘れて他人に利益を与える
これがまさにお釈迦様が説かれた“忘己利他(もうこりた)”です
徳を積むのは“忘己利他”の実践に他ならないと思います

ちょっと難しくなりました
わかりますか?




 

ありがとうございます。

 投稿者:麻希メール  投稿日:2011年 2月14日(月)13時39分55秒
  住職さま

ご多忙中にもかかわらず
早々のお返事をありがとうございます。

…無理をしないでできる中庸の徳…
無理をしない、が
私にとってキーワードとなりました。
どこか ホッとしました。

功徳=特別なことなのではなくて
日常にこそ行がある…
日々の一つひとつを大切に生きていこうと思いました。

もう一つお教えください。
「陰徳」というのは
見られてはいけない、ということなのでしょうか。
それとも違う意味があるのでしょうか。
よろしくお願い申し上げます。
 

(無題)

 投稿者:住職メール  投稿日:2011年 2月13日(日)23時14分56秒
  『無功徳』を読んでいただきありがとうございました

書いてありますとおり、人に何かをしてやる・あるいはしてやったという
意識がある限りそれは功徳ではありません
すべては自分の修行のために自分がさせていただいているだけのことなのです
すべては自分自身の成長のためのものなのです

功徳の内容は人それぞれあると思いますが、日常のほんの些細なこと、たとえば
玄関の靴が乱れていたら人知れずそろえる
人に対して厳しい顔をしないで笑顔で気持ちよく接する・挨拶をする
ドアを出るときに人が来たらほんのちょっとの間ドアを支える
これらも立派な功徳だと思います

無理をしないでできる“中庸の徳”と言えるのではないでしょうか
背伸びをして大金を寄付するのが徳ではありません
この辺がいわゆる“節度”だと思われます

“徳を積む”とはこれらの行為を一回で終わらせること無く繰り返し
行うことです
それは自分自身を少しずつではあれ着実に良い方へ変えて行くことでしょう
ぜひ実践してみて下さい

本に関しては残念ながら自信を持ってお勧めできるものを今のところ持っておりません
ご自身の感性でフィーリングが合う本を探してみて下さい










 
 

はじめまして…

 投稿者:麻希メール  投稿日:2011年 2月13日(日)21時33分26秒
  住職さま
はじめまして…。
「功徳」を検索しておりましたら
住職さまの「無功徳」に出会いました。
コラムを拝読し
心が温まりました。
「徳」についてお教え頂きたく
メールさせて頂きました。
8.5歳年上の主人に
「徳って、何…?何をもって徳というの…?」と
質問の毎日です。
最近「中庸の徳」というのを知りました。
極端な行為ではなく節度ある行為
バランスをとることの大切さを学びました。
でも頭ではわかっていても実践するのはなかなか…。
すると
「節度ある行為で徳が積めるの?」と
徳とは何だろうとますますわからなくなってきました。
住職さま…
「徳」とは何でしょうか…。
「功徳」とは何でしょうか…。
「徳を積む」の「積む」とは何でしょうか…。
また こういうご本を読むといいよ、と
住職さまのお勧めのご本(素人でもわかりやすいご本)がございましたら
お教えくださいませ。
ご多忙中…
変な質問ばかりで申し訳ございません。
乱文どうぞお許しくださいませ…。
よろしくお願い申し上げます。
 

(無題)

 投稿者:住職メール  投稿日:2011年 1月31日(月)21時37分13秒
  臨済宗も曹洞宗も修行は相当厳しいです。
どちらの坐禅が大変かは一概に言えません。

僧堂入門の時には“厳しい修行によって万一命を落としても文句はありません”
という誓約書を提出することになっています。

臨済宗では大卒修行3年で取得できる僧階は高卒の場合、修行7年で取得できます。
 

臨済宗僧侶について

 投稿者:未悠メール  投稿日:2011年 1月31日(月)13時49分16秒
  お初にお目にかかります。
私は現在高校三年なのですが、今年の三月に卒業いたします。
そこでなのですが、私は幼い時から仏教の僧侶の夢がありまして、
宗派は決まってなかったのですが、最初は、曹洞宗、真言宗、浄土真宗とお寺を訪ね聞いて周ったのですが、なかなかいい和尚さんがいなくて、今臨済宗をめざしております。
私は、祖父母と弟と暮らしてまして、年金暮らしの為、 大学がいけなく、私的は祖父母に迷惑かけてしまいますので、できるだけ負担の少ない、高卒の僧侶としていきたいのですが、住職さん、臨済宗は曹洞宗より座禅は厳しいですか?
あと、高卒だと修行期間は長いですか?
 

みんみんさん

 投稿者:住職メール  投稿日:2011年 1月11日(火)20時01分56秒
  こんにちは。

40歳にして夢の子宝。さぞ悩まれたことでしょう。心中お察しいたします。
ご供養に関してはこの掲示板でも過去に書き込んでいる通りです。

僧侶にお経を読んでもらうのが一番だと思いますが、地元にご縁のある僧侶が
いないというのであればご自分で“般若心経”を唱えたらいかがでしょう。
あなたの心からの懺悔であり立派なご供養です。
十分な功徳があると思います。

うまく読めなくても結構です。棒読みでいいのです。
実践することこそ一番大事なことなのです。
頭の中で考えて悩んでいるだけではなく実際に行動を起こすと
そこから何らかの答えをいただける場合があります。行動を起こす価値があります。

臨済宗ではそのことを『動中の工夫は静中の工夫の百千万倍』と呼んで生活の指針と
しています。
実践してみて下さい。


 

夜分すみません。

 投稿者:みんみんメール  投稿日:2011年 1月11日(火)00時02分52秒
  初めまして。札幌市在住です。功徳を調べていたらたどり着きました。巡り合わせだと勝手に思っています。水子のお話を読ませて頂き心が温かくなりました。実は二年前に事情があり結婚を諦め、別れてから妊娠に気付いたので産むことが出来ませんでした。一人で育てる自身がなく、苦渋の選択でした。42歳で夢だった妊娠。あれから2年立ちますが、産めなかった子供は怒っていないだろうかと申し訳ない気持ちでいます。泣いてばかりいたら浮かばれないと言われますが、そうなのでしょうか?初めてなのにすみません。どのような供養をしたらよいかを教えて頂けたら幸いです。宜しくお願い致します。  

レンタル掲示板
/22